ホーム | オンラインストア |  フォトコンテスト
  • あなたの写真がカレンダーになります。フォトコンテスト。
  • あなたの写真がカレンダーになります。フォトコンテスト。
  • あなたの写真がカレンダーになります。フォトコンテスト。

昨年、大変多くの皆様にご応募いただきましたフォトコンテストを今年も開催いたします。
あなたの目と心で捉えた、素晴らしい作品をお待ちしております。
優れた作品は、2017 年のKAMAELカレンダーとして採用し、1年を彩って頂きます。

ELNEST CREATIVE ACTIVITY

井浦新さんがディレクターを務めるELNEST CREATIVE ACTIVITYは、代々木上原と札幌に構える直営店を拠点に、
「モダニズム」や「卜ラディション」、「アルチザン」などをキーワードに「旅」を服作りの基盤に据え、
ポケットを多用したデザイン展開で一つ一つのポケットに様々な活動のテーマを込めてクリエイティブな遊び心を表現している。

> WEB Site <

今年もたくさんの作品をご応募いただきましたKAMAELカレンダーフォトコンテスト。
厳正な審査の結果、採用作品が決まりましたので発表いたします。


菅野 剛史

審査員総評:ローチェアに座って、湖面の向こうにそびえる富士山を眺める4人。 表情は写っていませんが最高のロケーションを楽しむ様子が伝わってきます。 カメラアングルもぴたりと決まって、しっかりと撮影意図をかたちにできた作品です。


阿部 豪

審査員総評:キャンプの醍醐味とも言える炎との時間。炎を見ていると、実に多くの表情に気付かされます。 「火起師」から出る、沸き立つような炎もまたそのひとつでしょう。炎の姿に着目し、的確に捉えました。


小澤 英之

審査員総評:朝靄が立ち込めるキャンプ場に日が昇ってきました。 ウイングタープの美しいシルエットが風景の中でひときわ印象的です。 フィールドのゆるやかな傾斜や左奥の木もこの風景の美しさには不可欠。確かな審美眼に脱帽です。


田中 太郎

審査員総評:桜咲くキャンプ場でのワンシーンは、流れる霧の様子からみて朝の時間でしょうか。 あえて、桜に日が当たる時間を選ばずに撮影したことでしっとりと落ち着いたイメージになりました。 来年もまた違った条件で撮ったものを見てみたいと思わせる作品です。


金口 一歩

審査員総評:新緑の美しい森に立つランドステーション。 構図と光線の選び方がまさにベストで本当に素敵な作品に仕上がりました。 とくに目を引くのは幕に落ちた木々の影でしょう。狙い澄ましたタイミングでシャッターを押したことが成功につながりました。


伊藤 公彦

審査員総評:写真には光が不可欠です。と同時に影の存在も同じくらい重要です。 この作品で目を引くのは地面に落ちた黒々とした影と青い空でしょう。 なかなか絵にすることが難しい影を主題にし、しっかりと撮り切ったところに作者の実力を感じます。


ウェスト スティーブン

審査員総評:夕暮れのビーチでの時間。ギアも必要最低限にして、シチュエーションを楽しむ様子が見てとれます。 カメラアングルもギリギリまで下げて、広角レンズで主題を引き寄せました。あえて、人物の表情を見せない構図も効果的です。


寺田 将規

審査員総評:夕暮れの湖でのカヌーツーリングでしょうか。 船首に取り付けられた、たねほおずきの明かりが湖面と空の青をより印象的にしています。 シーンの状況を多く語る写真ではありませんが、それだけにどこか神秘的な美しさをもつ作品となりました。


木村 亜由子

審査員総評:レイクサイドでのキャンプで出会った夕暮れの光。 その美しさに誘われて湖面に集まった人たちの幸福な時間を表現した一枚です。 こんな夕暮れに出会えるのがキャンプの醍醐味でしょう。構図、シャッターチャンスともパーフェクト。素晴らしいのひとことです。


酒井 利昭

審査員総評:うろこ雲が夕焼けで赤く染まりました。作者はみるみるうちに劇的に変化していく 夕暮れ空に見惚れながらもタイミングを見計らってシャッターを押したことでしょう。 近景、遠景をテントで表現した構図も見事です。


瀧林 正彦

審査員総評:月夜で楽しむ焚火の様子を物静かなトーンでまとめました。 澄み渡る空気感が表現されているからでしょうか。焚火を前に交わされる会話までもこちらに聞こえてきそうです。 派手さはありませんが作者のカメラアイの確かさを感じさせる一枚です。


浜田 修康

審査員総評:自然写真といえば美しい色彩に目を奪われがちですが、 作者は陰影で描き出すモノクロームで自然の美しさを表現しました。霧の日に撮影することで、白から黒に至るまでのグラデーションも美しく、 静謐感を湛えたモノクローム写真ならでのは一枚です。

カレンダーの仕様(予定)

○吊り下げ式
○壁掛け用の穴の位置が写真にかかる場合があります。
○A5判サイズ
○カレンダーの表記サイズは、カレンダーを閉じた時のサイズで表記させていただいております。

※予告なく変更させていただく場合がございます。
あらかじめご了承ください。

カレンダー仕様イメージ

応募要項

■応募資格
プロ・アマチュア、年齢、性別、国籍を問わず(ただし日本在住の方に限る)

■テーマ
スノーピーク製品またはエルネスト製品が写っている写真
(既存品、廃盤品問わず)

■審査員
ELNEST CREATIVE ACTIVITYディレクター 井浦 新 氏
写真家 奥山 淳志 氏
スノーピーク代表取締役社長 山井 太

■応募点数
一人5作品以内

■発表および採用通知
2016年9月予定
※10/7(金)発表予定です。今しばらくお待ち下さいますようお願い致します。

■採用特典
・2017年KAMAELカレンダーへご自身が撮影した写真が掲載されます。カレンダーが完成いたしましたらプレゼントさせていただきます。

※本コンテストで作成したカレンダーは店頭にて配布予定でございますが配布条件等、詳細につきましては後日Webにてお知らせいたします。

■応募方法
○応募専用メールアドレスのみ受付いたします。
○応募時に下記項目を記載してください。
●氏名 ●住所 ●電話番号 ●使用カメラ ●レンズ ●絞り値 ●シャッタースピード ●焦点距離 ●ISO感度 ●撮影モード ●作品コメントをご記載ください。 氏名、撮影設定、カメラ機材については採用の際に掲載いたします。
○メール添付容量一通あたり5MBまで。
※採用者には採用決定後、本コンテストに関わる印刷物等のため、より解像度の高い画像データの追加提出をお願いさせて頂きます。
撮影の際は長辺3,000ピクセル以上を推奨いたします。低い解像度の場合は印刷に適さないため採用を取消させていただく場合がございます。
○作品到着に関するお問い合わせには一切お答えできませんので、予めご了承の上、ご応募ください。
○応募のキャンセルは受付できませんので、予めご了承ください。
○上記以外の方法での画像データ作品の受付は行いません。

■作品規定
○画像データのファイル形式は JPEG のみの受付とします。カラー、モノクロを問いません。
○ご応募は画像データ作品に限定させていただきます。 画像データ作品とは、デジタルスチルカメラで撮影した画像データおよびフィルムカメラで撮影しスキャナで作成した画像データを指します。ソフトウエア等を利用し処理した作品もご応募できます。
○スマートフォン、携帯電話で撮影された写真は除外させていただきます。
○審査時の色空間は sRGB を基準といたします。
○組写真やプリントでのご応募は受け付けておりません。
○撮影期間に制限はありません。数年前に撮影された写真でもご応募できます。
○他のコンテストに入選した作品、応募中(審査中)の作品はご応募いただけません。
○主催者が二重応募、類似と判断した作品は、採用発表後でも取り消すことがあります。
○個人のホームページに掲載した写真、写真投稿サイトへ掲出した報酬の発生していない写真は応募できます。
○色の再現性について印刷物の特性上、画像モードはRGBからCMYKへ変換されるため一般的に鮮やかな色はディスプレイで見るよりも彩度が下がります。
○CMYK変換について可能な限り元画像の色に近づくよう調整致しますが応募者による色の指定は承りません。
○使用の都合上、画像をトリミングまたは加工、修正する場合があります。

■審査
主催者より任命された審査員により厳正な審査を行います。 審査結果についてのお問い合わせはお受けできません。

■発表および採用通知
○最終審査結果は 2017年9月頃に当社Web サイトにて発表予定です。
○採用者には、2017年9月頃までに主催者から電子メールにて通知させていただきます。
○採用者は、電子メールにて期日内に受賞に同意する旨をご返信ください。同意の返信メールをいただいた時点で正式に受賞者となります。指定の期日内に返信メールをいただけないときは、サーバーの不具合等いかなる理由による場合でも、受賞の取り消し ( 失格 ) とさせていただきます。予めご了承ください。このため、メールアドレスの変更等が生じた場合には、事前に弊社ユーザーサービスまでメールにてご連絡ください。電子メールが到達しなかったことによる不利益について主催者はいかなる責任も負いません。なお、作品の記載内容等で主催者が必要と判断した場合は、電子メール等によりご連絡をとらせていただくことがあります。

応募に関する注意事項

■応募作品の著作権について
応募作品の著作権は応募者本人に帰属しますが、主催者が広報宣伝活動などのために無償で使用させていただきます。

■応募作品に関するご注意
○本コンテストの審査結果に関するお問い合わせまたはご意見には一切応じかねます。予めご了承ください。
○ご応募に伴い発生した費用はすべて応募者が負担するものとします。
○ご応募の際は、応募される作品のバックアップをとっておくことをお勧めいたします。
○被写体が人物の場合、ご応募に際しては必ず本人(被写体)の承諾をいただいてください。
○被写体が未成年の場合、親権者の承諾が必要となります。
○応募者本人が撮影し、全ての著作権を有しているものに限ります。他人の名前を使用した場合は失格といたします。他人の持つ著作権や肖像権を侵害するような行為が判明した場合は失格とし、そのトラブルの責任は一切負いません。

■個人情報の取り扱いについて
○主催者及び運営事務局は、当フォトコンテスト応募者のプライバシー情報を尊重し、個人情報を大切に保護することをお約束します。個人情報を保護する法令を遵守し、応募用 Web サイトでご提供いただいた応募者の個人情報を次のように扱います。

■個人情報を利用する目的
○提供していただく個人情報は、以下の目的で必要な範囲にのみ利用されます。
・採用者への採用通知
・本コンテストに関連する事項の通知
・応募作品に関する応募者への問い合わせ
・採用者の氏名は、本コンテスト関連のウエブサイトや印刷物その他により採用作品を紹介する際にも掲載されます。
・上記についての通知や問い合わせは、主催者または運営事務局より行います。

■その他のご注意
○当フォトコンテストの運営一切は、当フォトコンテストの係り(以下係り)が行ないます。係りは必要と判断した場合には応募要項を変更できるほか、適正な運用を確保するために必要な対応をとることができるものとします。
○当フォトコンテストに応募されるにあたり、応募者の皆さまは係りの運営方法に従うものとし、その運営方法に一切申し立てを行なわないものとします。
○当フォトコンテストにご参加されるにあたり生じうる損害について、主催者は一切責任を負わないものとします。
○作品の応募をもちまして、応募要項に同意したものとさせていただきます。



不明な点やお気づきの点がございましたら、
弊社ユーザーサービスまでお問い合わせください。